自動車事故の過失割合を事故のケース別に紹介。

名義変更のすすめっ

自動車事故の過失割合

自動車事故なんかに起こしたくないですよね。でも、事故ってのは、やっぱり車やバイクを運転している以上、誰にでも起こりうることだと思います。

万が一自動車事故を起こした時、「過失割合」って言葉を聞いたこともある人も多いと思います。過失割合っていうのは、簡単に言うと交通事故が起きた場合に、交通事故の当事者の責任が、「誰に何パーセントある」などの割合のことをいいます。

この過失割合は、自動車事故などを起こした場合に相手がある場合に、この過失割合に基づいて、事故の補償額などが、算出されることになります。

この過失割合は、自動車事故などの交通事故を起こした時の、さまざまな状況によって変わったくるので、一概には、「これだ」っと決められるようなものではありません。

ここでは、自動車などによる交通事故で多いいくつかのケースをもとに、その過失割合がだいたい、どれくらいになるかをレポートしようと思いますので、なにかの参考になればと思います。

信号のある交差点での自動車事故

信号のある交差点で、直進車と信号待ちをしている右折車が、激突

自動車事故の過失割合

上図のようなケースの場合、交差点内では直進車が優先となるので通常、「直進車が30パーセント」、「右折者が70パーセント」の過失割合になります。

しかし、この場合においても、状況などによって自動車事故の過失割合が変わってきます。

例えば、直進車にスピード違反があったり、右折車が右折を始めているのに、直進車が強引に交差点内に進入して衝突してしまったりした場合、直進車の過失割合が増えることになります。

他に右折車が、ウィンカーを出さなかったり、出すのが遅れた場合や右折時に徐行しなかったりした場合、右折車の過失割合が増加する要因となります。

さらに、信号の色などで、この自動車事故のケースのような場合は、その過失割合が変わってきます。信号が黄色の場合、「直進車が40パーセント」、「右折者が60パーセント」、「車A」側の信号が赤、「車B」側の信号が青の場合、「車A」の過失は90パーセントまで上がるそうです。

▲自動車事故の過失割合ページのトップへ戻る

見通しの悪い交差点での出会い頭の自動車事故

狭い住宅街なんかでよく起こる、出会い頭の、自動車事故

自動車事故の過失割合

上図のように信号のない交差点で、お互い出会い頭に事故を起こした場合、自動車事故を起こした場合、その過失割合はどうなるか。

上図のケースの場合、「車A」、「車B」どちらも直進してきて出会い頭にぶつかっているわけなんですれれども、、「車A」、「車B」の道幅が、両方とも同じ場合、車の進む優先権は左優先なので、「車B」のほうが、過失が少なくなり、その過失割合は、40パーセントといわれています。なので、「車A」の方は、このケースだと、60パーセントの過失割合となります。

ただし、どちらか一方が減速せずに交差点内に侵入した場合には、減速しなかった方の車の過失割合が増えることとなります。

また、信号のない交差点においては、道幅の広い道路のほうが、優先道路となるので、上図と同条件で自動車事故を起こした場合、道路の広い道を直進してきた、車の方が過失が少ないことになります。

よって、もし上図の「車B」の方の道路の幅が広い場合、「車B」の過失割合は20パーセントとなります。

さらにまた、一時停止の標識があったりすると、また過失割合が変わってきたりします、例えば、「車B」の道路がわに、一時停止の標識がある場合にそれを無視して、「車B」がつっこんで、交差点内に進入し、ぶつかった場合、「車B」の過失割合は80パーセントになります。

なんか少し、ゴチャゴチャしてきましたね(^^;

▲自動車事故の過失割合ページのトップへ戻る

路上駐車の車の間から飛び出してきた歩行者との人身自動車事故

よくありがちな、人身事故パターン

自動車事故の過失割合

車と人との事故の場合、基本的に車の過失が絶対重くみられるらしいです。ま、人は交通弱者ってことで、当たり前のような気もしますが。

しかし、例外で過去に駐車中の車の間から、子供が飛び出して不幸にも事故に発展して、子供の過失が100パーセント、車の過失が0パーセントっていう、事故のケースもあったようです。

上図では、横断禁止の道路を歩行者が渡ろうとして、車は制限速度内で、走行中に起こった人身自動車事故の例です。このケースの場合、歩行者の基本過失は、30パーセントで、場所が幹線道路なら、さらに10パーセント過失が増えます。

さらに、路上駐車中の車両間から飛び出しているので、10パーセント~20パーセントの過失が加算され、車の直前を歩行者が横断しようとしていたなら、さらに10パーセント、事故がおきた時間が夜間であるなら、さらに10パーセント増えるらしいです。

これを、合計すると歩行者の過失割合は、最大80パーセント、歩行者側にあると判断されます。

しかしながら、これは度重なる歩行者の過失が、認められた場合に起こりうる過失の割合で、状況によってその過失の割合は大きく違ってきます。

▲自動車事故の過失割合ページのトップへ戻る

横断歩道でない所から歩行者が飛び出してきた時の人身事故

対向車線の歩道から、フッと渡って道路を横断してきて事故

自動車事故の過失割合

上図のケースは、歩行者が横断歩道のない道路を横断しようとして、制限速度内で直進してきた車と事故を起こしたケースです。

この場合、直進してきた車が制限速度内で走行していたとしても、交通弱者である歩行者が相手となると、車の過失は、80パーセントとなります。しかし、この場合も事故が起こった時間帯が夜であったりすると、その過失が数パーセント減り、歩行者が、車の通過する直前に飛び出してきたり、その場所が幹線道路だったりすると、歩行者の過失割合が10パーセントづつ、増えることになります。

歩行者が子供や、老人で住宅街や商店街で、事故を起こした場合、自動車の過失割合は5パーセントほど増えるようです。

6歳未満の幼児をはねた場合さらに10パーセント自動車側の過失が増えるということらしいです。

もし横断歩道が近くにあるのに、歩行者が横断歩道以外の場所を横断して、事故が起きた場合の歩行者の基本過失割合は35パーセントとなるということらしいです。

▲自動車事故の過失割合ページのトップへ戻る

突然割り込まれて自動車事故

片側2車線の道路を走行中の「車A」の前に斜め前方から「車B」が割り込んで来たときの自動車追突事故

自動車事故の過失割合

普段自動車を運転していて、横の車が急に割り込んだりしてくる事は、運転しているとよくあることです。

上図の自動車事故のケースの場合、「車A」の斜め前方に走行中の「車B」が割り込んできた場合を示しているのですが、この場合「車A」の過失は30パーセントとなり、「車B」の過失は、70パーセントとなります。

運転していて、割り込まれたほうは、「割り込んできたのそっちじゃん」ってな感じで、思ってしまうところなんですが、動いている物同士がぶつかった場合、片方に100パーセントの過失がかかるということは、少ないようです。

▲自動車事故の過失割合ページのトップへ戻る

万が一、自動車事故を起こした場合対処方法

被害者の応急処置

事故を起こし、ケガ人がいる場合、まず、そのケガ人を安全な場所に移動する

車を安全な場所に移動する

車で事故起こした場合、二重事故を引き起こす可能性もあるので、車を移動できる状態ならば、車を安全な場所に移動する。車の中に装備してある、三角表示板や、発炎筒等を取り出し、後続車とうに、わかるようにする。

後続車に追突される、恐れもあるので、安全な場所に人は非難する。

警察、救急車や保険会社へ事故の報告

安全が確保できたならば、次は警察に連絡する。ケガ人が出た場合は救急車も呼ぶことを忘れないこと。

ケガ人がいないからといって、警察に連絡しないと自動車事故を起こした場合、事故証明書というものがもらえないので、保険会社に保険金を請求できなくなるので、警察には連絡を必ずする。

保険会社に事故後、自動車事故を起こした旨を伝えることも忘れないようにする。

自動車保険会社への連絡先などは常に車のどこかへ置いておくと、万が一の自体の時に慌てなくて済みます。

▲自動車事故の過失割合ページのトップへ戻る

車を売却前、あげる前、廃車する前にもう一度確認!


全国600社無料一括比較のカービュー愛車無料査定ページへリンク
↑↑車を譲ったり、ポンコツになって廃車にする前に自分の車の値段を調べてみたら?以外と価値がある車かも!?何十社もの査定会社に無料一括見積もりをしてもらえます。

事故車の場合は↓こちらから

カービューの事故車や動かない車の買い取り査定ページへリンク
事故車も無料で査定してくれるますっ。運がよければ処分代が、タダになるかもっ!?

このサイトへのリンクはご自由にどうぞ
Mail to 管理人

名義変更

L [PR] @ďAEx ₦΍@킯菤i ^T[o[