車・自動車の廃車手続きの方法、仕方を紹介しています。

名義変更のすすめっ

このページは自動車の廃車手続きの方法、仕方を解説

自動車の「廃車手続き」に必要な書類や、廃車の方法などを例や見本と共に解説しています。

自動車の廃車手続きをする前に

自動車・車の廃車手続き

自動車の「廃車手続き」をしようとしているとか、車がもういらなくなったとか、ポンコツでいらなくなった人は車を「抹消登録」しましょう。

間違っても、河原とか目立たないところとかに捨てないように...。

自分で自動車を「廃車」するには、まず「廃車」しようとしている車を解体してもらわなければいけません。

解体は車屋さんとか、直接解体業者に処分してもらうことになります。

解体業者に処分を頼む場合は必要な解体証明書を交 付できる古物商免許所有業者に依頼することになります。まぁ、解体屋さんなら誰でも持っています。

費用は、車の種類によるらしいですが、大体1万~1万5 千円ぐらいらしいです。自動車解体業者さんが無料で引き取ってくれる場合も中には、あるようです。

「何だよ、解体屋に車の解体頼んでも、結構かかるのかよ~」って思う人もいると思います。

でも、そこは、今の世の中うまくできてます。「廃車」にしようとしている自動車の、買取査定をしたことあります??

「車屋に持ってたけれど、1円にもならなかったったよ。だから、自分で廃車手続きしようとしてるんじゃん」

って、突っ込む人もいるかもしれないですけれど、複数の業者さんに一括で買取査定をしてもらえる無料サービスを利用すれば、ひょっとしたら、値段がでるかもしれないです。

しかも、いざ車を引き取ってもらうことになった時は向こうから取りに来てくれます。超楽チンです。

【一括査定のしてもらえるお勧めサイトへのリンク】

「CAR VIEW」の一括買取見積もりサービスページへの直リンク

「カービュー」は、、全国数百社近い車屋に一括で「無料査定」してもらえるサービスをやっています。(全国対応)

「CAR VIEW」の事故車や動かない車の買取見積もりページへの直リンク

上記のリンクは、事故車や動かない車等を廃車しようとしている場合でも買取査定をしてもらえます。

上記の査定サービスは、オンラインで無料で見積もりをだしてもらえるので、車をわざわざ持っていく必要もないし、幸運にも、値段がでたとか、もしくは無料で引き取ってくれるなんて場合は、お金もかからず廃車にできちゃうので、最後にやってみる価値はあると思います。

廃車」しようとしている車を査定して、最悪0円ででも車を引き取ってもらえることになった人はラッキーな人なんですけれども、そうでなかったアンラッキーな人はこの後の文に書かれている事を参考にして、「廃車手続き」を進めてください(^^;

車屋さんに車の「廃車の手続き」を頼むと大体5000~1万くらい手数料が、かかるらしいので自分でできる人は、がんばって「廃車手続き」をやっちゃいましょう。

車のディーラーとかだとほんとなら車の「廃車」に2万ぐらいかかるらしいです。

付き合いのある、車屋さんに「廃車」を頼むと運が良ければタダなんてこともある。(自分もやってもらったことあるので...)

廃車しようとしている自動車をいつまでも「放って置く」と、自動車税など自分に戻ってくるお金などが、無駄に減ってしまったりするので、廃車手続きを行おうとしている場合は、少しでも早いほうが良いかと思われます。

【関連項目】

自動車税の一覧

▲廃車ページのトップへ戻る

自動車の廃車手続きに必要な書類・物

自動車の廃車手続きに必要な書類や物は次のとおりです。

抹消登録申請書

陸運局(運輸局・支局)にて入手します。

手数料納付書

「手数料納付書」は、陸運局にて入手します。

車検証

「車検証」は有効期限が残っている物が必要です。車検が万が一切れている場合は、車検を通してから出ないと、名義変更の手続きは行えません。

印鑑

廃車する車の所有者の物で、発行後3ヶ月以内のもの。

印鑑証明書

「印鑑証明書」は、新旧所有者の発行後3ヶ月以内の物が必要です。

ナンバープレート

前後2枚のナンバーを解体時に受け取っておくこと。

事故などで、ナンバーを返還できない場合は紛失・盗難届けを出した警察署名などを記載した理由書を提出。

解体証明書

自動車を解体した解体業者が発行した書類。

委任状

代理人が廃車手続きを行う場合必要となります。

住民票

所有者の現住所が車検証と異なる(住所変更が有る)場合のみ必要となります。

【関連項目】

自動車・車のナンバーの再交付・再取得方法

車検証の再発行・再交付する方法

委任状のダウンロード(PDF)

▲廃車ページのトップへ戻る

自動車の廃車手続きを行う場合の注意点

廃車手続きを行う前に車の所有権を確認しましょう。

廃車手続きを行う場合、車の所有者が、今このページの見ている「あなた」でなければ廃車手続きを行うことができません。

簡単に言うと、自分の車の車検証を持ってきて見てください。そこの所有者の欄に自分の名前が書かれていますか?

書かれていれば「OK」です。

書かれていない場合、廃車手続きを行う前に所有権を自分にかえる作業が生じます。

「あなた」の名前が書かれていない場合の多くは、車を購入したときにローンなどで購入した場合に、「ローン返済途中」とか返済が終わっていても、まだその 所有権が車を購入した販売店などになっている場合に、車の「所有者欄」に、その車の販売店名が書かれている場合があります。

その場合、所有者欄の車屋さんに、連絡し「車を廃車するため、所有権解除をしたいので印鑑証明書と委任状を送ってくれ」と伝えると送ってもらえるはずです。

「車のローンが返済途中」の場合は、ローンを完済しないと「あなた」が廃車手続きを行うことは不可能です。

廃車手続きを行えるのは、車検証の所有者欄に自分の名前が書かれている場合でないとできません。

【関連項目】

車の所有権の解除方法

▲廃車ページのトップへ戻る

陸運局(運輸局・支局)での廃車手続き方法

陸運局での自動車の廃車手続きの流れ

廃車する自動車のナンバーを管轄する陸運局(運輸局・支局)の場所を調べたらなら、廃車手続きをしに陸運局(運輸局・支局)に向かいましょう。

陸運局(運輸局・支局)の一覧

まず陸運局で入手する自動車の廃車手続きに関する申請書を手に入れる

車の廃車手続き(抹消登録)に必要な書類がそろい、その必要書類に記入し終えたならば、ナンバーを陸運局内の返還所に返しにいくと、ナンバーと引き換えに廃棄自動車登録番号票購入済み証をもらえる。

自動車の廃車手続きの申請書類が揃ったならば書類を窓口へ提出

自動車を廃車する必要書類がそろったならば、書類を登録窓口に持っていきます。

窓口で渡される自動車の廃車手続きに関する書類

廃車に必要な書類を提出したら、しばらくすると名前を呼ばれ「抹消登録証」が渡されます。

車を解体した後なら、この書類は破棄してもいいのですが、車を一時抹消登録してまた、今後使用するために登録する可能性が有る場合は、この書類がなければ使用できなくなります。

自動車の抹消登録が終わったならば、自動車税の抹消申告を行います。

書類をもらったなら、次は陸運局の敷地にある自動車税事務所に行って、「自動車税申告用紙」なるも物を手に入れ、自動車税の消滅申告を忘れずに行うこと。

これをしないと、車がないのに毎年自動車税の用紙が送られてくることになっちゃいます。

また、自動車税の抹消申告をしたなら、廃車手続きをした翌月から、年度末(3月)までの自動車税が月割りで戻ってきます。

自賠責保険の払い戻しも忘れずに!!

自動車の廃車手続きを完了した日にまだ自賠責保険の有効期間が残っていれば、その期間に応じて保険料が戻ってきます

ただし、保険料が戻るのは、保険会社に解約手続きをした日からなので、ボヤボヤしていると、保険期間が満了したら、一銭も戻ってこないので廃車手続きを行って、抹消登録を行ったら早めに保険会社に連絡しましょう。

自動車の廃車手続きの受付時間

祝日を除いた月~金の午前9:00~午前11:30。午後1時~午後4時まで。(申請する場所や手続きにより、申請等の受付時間が異なります。管轄する、陸運局に問い合わせ確認してください。)

【関連項目】

自動車税の一覧

陸運局(運輸局・支局)の一覧

▲廃車ページのトップへ戻る

軽自動車の廃車手続き方法

軽自動車の廃車手続きに必要な書類・物

軽自動車の廃車手続きは、軽自動車検査協会というところで行います。

自分の車のナンバーを管轄する軽自動車検査協会を調べて手続きを行ってください。

軽自動車検査協会の一覧

自動車検査証返納届

軽自動車の廃車手続きを行う際、スクラップして2度と乗らない場合は、「自動車検査証返納届」を使用します。

もう一度車を登録しなおして使用するであろう人は、この申請書は、使用しません。

自動車検査証明書交付申請書

軽自動車を廃車して、もう一度乗りなおす人は、この「自動車検査証明書交付申請書」を使用します。

認印

車検証

ナンバープレート

軽自動車税申告書

軽自動車の廃車手続きが終わったならば

軽自動車の廃車手続きが終わり、、一時的に車を廃車し今後乗る方向での廃車手続きの場合、「軽自動車検査証返納確認書」または、「自動車検査証返納証明書」なるものが交付されるので大切に保管してください。この場合手数料が350円ほどかかります。

あと、廃車した軽自動車の自動車税の請求が来なくなるように「軽自動車税申告書」で、納税義務が消滅する申告を行います。

ただし、軽自動車の場合、廃車しても、普通車のように自動車税は年度途中の廃車であっても戻ってきません。残念っ~!

ただし、自賠責保険の場合は普通自動車と同じように保険料は戻るので、自賠責保険をかけている保険会社に連絡して、保険料を取り戻してください。

【関連項目】

軽自動車検査協会の一覧

自賠責保険料の一覧

▲廃車ページのトップへ戻る

車を売却前、あげる前、廃車する前にもう一度確認!


全国600社無料一括比較のカービュー愛車無料査定ページへリンク
↑↑車を譲ったり、ポンコツになって廃車にする前に自分の車の値段を調べてみたら?以外と価値がある車かも!?何十社もの査定会社に無料一括見積もりをしてもらえます。

事故車の場合は↓こちらから

カービューの事故車や動かない車の買い取り査定ページへリンク
事故車も無料で査定してくれるますっ。運がよければ処分代が、タダになるかもっ!?

このサイトへのリンクはご自由にどうぞ
Mail to 管理人

名義変更

L [PR] @ďAEx ₦΍@킯菤i ^T[o[