自動車保険の見直すと、どのくらい自動車保険が安くなるのか?

名義変更のすすめっ

自動車保険を見直した事あります?

自分の車を手に入れて自動車保険を見直すといったいどのくらい、「安くなるのか・・・」、な~んて、自動車を乗っていると考えますよね?

年齢が若い時や、保険に入りたての場合など、自動車保険って結構、年間トータルすると、かなりボディーに効きますよね?

そんな自動車保険についてここでは、解説しています。

自動車保険の任意保険と自賠責保険の違い

自動車保険の任意保険と自賠責保険は保障範囲が違います。

車の取得の際、強制的に入らされる強制保険(いわゆる自賠責保険ってやつ)に入っているから、任意の自動車保険なんて入るのもったいない...なんて思っている 人は、もう少ないと思いますが、やっぱり万が一事故を起こし、支払い義務発生した場合に、任意保険と自賠責保険では、保障限度額がまったく異なってきま す。

不幸にも、事故を起こし死亡事故など重大な事故につながった場合、近年では、1億、2億という賠償額を請求されることが、珍しくないらしいです。

こういったケースの場合到底自賠責保険だけでは、賠償額をまかなう事はできません。そういった万が一の場合を考え、対人保険など、「無制限」でその保障を行ってくれる、任意保険に入っておくことは、もう必須のことだとおもいます。

保険の種類 自賠責保険 任意保険
人身事故限度額(死亡) 3000万 無制限
人身事故限度額(後遺症) 4000万 無制限

自賠責保険では、傷害における限度額は120万円となります。単純に限度額だけを見ても重大事故起こした場合やはり、自賠責だけでは、まかないきれないケースが多いと思います。

▲自動車保険ページのトップへ戻る

自動車保険会社の乱立

法律の改正により自動車保険の取り扱う会社が増加

法律の改正によって、自動車保険を取り扱う会社も増え、車を運転する人が自動車保険会社を選択する枠もすごく広がってきていると思います。

大体の人は、きっと最初契約した自動車保険会社をずっと、使い続けているひとが、多いのでは、ないのかな?っておもいます。

これから新しく、自動車保険を決めるって人は、多すぎてどの保険会社選べばいいんだよ?って感じになっているかもしれないですね。

自動車保険を扱う会社も、さまざまなプランを用意して、差をつけようとしているので、いったいどれを選んだら、自分に合っているのかよくわからないですよね~。

▲自動車保険ページのトップへ戻る

自動車保険のどんなプランを選ぶと安くなるか?

自動車保険を賢く選択する方法

自動車保険料」を安くしたいのなら、ダイレクト系自動車保険会社の『リスク細分型自動車保険』 を選択することです。

年齢、使用目的、走行距離などの条件のよっては、自動車保険料を安くできる可能性があります。

しかし、自動車保険料が安くなる条件は、自動車保険会社によって様々であるため、条件設定を間違えると、ずっと気付かずに割高な自動車保険料を支払う事になってしまうかもしれません。

ただ、 「自分に合った自動車保険プランってなに?」って話になると、自動車保険に詳しくないと、なかなか、自分で指定するのは難しいです・・。

そういった、場合 は後述する、「自動車保険一括見積もりサービス」などを利用すると、自動車保険の条件を目で確認しながら、条件を選択することができ、一括して複数の自動車保険会社の保険料を比較することができ一番自分に合った自動車保険プランで、一番安い自動車保険会社を選択することができるので、大変便利だと思います。

自動車保険料が安くなる人

  • 契約者の年齢が30代以上
  • 車にABSやエアバックなどが付いている
  • 年間の走行距離が短い
  • セダンなどの車種
  • 事故歴がない

自動車保険料が高くなる人

  • 契約者の年齢が10~20代
  • 車にABSやエアバックなどが付いていない
  • 年間の走行距離が長め
  • スポーツカータイプの車種
  • 事故歴がある

他にも様々な要因によって、保険料の支払いが高くなったり、やすくなったりします。

自動車保険の安くなる代表的なプラン

車の使用者の年齢制限をつける

まず、見直すところは、年齢制限、になるのかな~?

まぁ、これを選択している人は、多いと思うけれども、この設定は見直すと、だいぶ安くなると思います。

意外に見落としなのですが、年齢制限で21歳未満は不担保(保障対象外)設定しているが、そのままずっとしていて、26歳未満不担保の設定ができるのに、それ を忘れていて、割高なプランの料金を払い続けているとか...(保険会社が、こっちがお得ですよとかいってくれればいいのに...)

使用者制限

車の使用者を家族に限定し他人が乗れないようにすると5%近く割り引かれます。

エコカー割引

ハイブリッド、エタノール、電気、天然ガス車などの低公害車は、人身傷害補償・対人・対物・搭乗者傷害・車両保険・無保険車傷害の保険料が3%程割引があ るようです。

複数契約

車検検証の名義、任意保険の名義も同じであるなら、2台目の車の保険料が割引対象になります。

車が安全ボディーだと認められている

トヨタだとGOA、とか日産だとZONEボディだったりとか、自動車メーカー各社の一定の安全基準を満たしているボディーの車に乗っている。

インターネットで自動車保険を契約

自動車保険会社によってはインターネットでオンラインで保険の契約すると数千円割引が発生する場合がある。

保険料の設定を見直すだけで、今の保険料が30~50%近く安くなる場合もあります。

少なくとも2年に1度ぐらいは、自動車保険を見直してみる。

自動車保険も色々なプランや特約等が、いつのまにか増えていたりすることが有ります。

自分の生活サイクルも、年月と共に自動車をあまり使用しない生活などに変化したりするかと思います。

なので、自動車保険も毎年保険契約の更新時もしくは2年に一度ぐらいは、自動車保険の各社を比較検討することで無駄な保険料を支払うことなくベストな自動車保険を選択することが可能かとおもわれます。

ただ、自動車保険も複数あるので、自分で比較検討するというのも大変です。

なので、一番手っ取り早いのは、何社もの自動車保険会社を一括して比較検討できるサービスを提供している所を利用するのが賢いです。

自動車保険を一括見積もり比較できるサイトの一覧

▲自動車保険ページのトップへ戻る

自動車保険の一括見積もり比較ができるサイトの紹介

自動車保険を一括見積もり比較できるサイトの紹介

自動車保険の一括見積もり比較サイトに関しては、見積もり比較ができる自動車保険が若干違う場合があります。

自動車保険を見積もり比較サイトで比較する場合は、手元に車検証・免許証・自動車保険証(今まで自動車保険に加入している場合)を用意しておくと便利です。

自動車保険の一括見積もり比較サービス提供会社へのリンク

保険スクエアbang!へのリンク

保険スクエアbang!では、最大15社の自動車保険会社から一括見積もりを取ることが可能です。

各社の自動車保険の保険料の一覧も同時に見ることができ便利です。

自動車保険を一括見積もり比較をして、もちろんそのままネットで目的の自動車保険会社と契約もできます。

【参加している自動車保険会社】

あいおい損保・アクサダイレクト・アメリカンホームダイレクト・AIU保険会社・共栄火災・セコム損保・ゼネラリ・全労災・ソニー損保・そんぽ24・チューリッヒ・東京海上日動・日本興亜損保・富士火災・三井ダイレクト

▲自動車保険ページのトップへ戻る

保険の窓口 インズウェブへのリンク

インズウェブは最大20社の自動車保険会社を一括見積もり比較を行うことができます。

インズウェブで自動車保険を一括見積もりを行うと500円のギフトカードがもれなく貰えます。

【参加している自動車保険会社】

全労災・日新火災・三井ダイレクト・そんぽ24・アクサダイレクト・アメリカンホームダイレクト・エース保険・セコム損保・ゼネラリ保険会社・ソニー損保・チューリッヒ・共栄火災・東京海上日動・日本興亜損保・富士火災・あいおい損害保険・ニッセイ同和損害保険・AIU保険会社

▲自動車保険ページのトップへ戻る

自動車保険の用語の一覧

自動車保険用語

自動車保険で、わかってそうで、いまいちわからない用語を、ここでは簡単に説明します。

保険契約者

保険契約者とは保険会社保険会社に対してご自分のお名前で保険契約の締結を行い、自分の名前で保険契約を行い、保険料を実際支払う人のことを言います。保険契約上で様々な義務・権利を持つ人のことを指します。

被保険者

被保険者とは、契約している自動車保険の補償を受けられる人や保険の対象となる人のことを指します。

被保険自動車

被保険自動車とは、自動車保険の契約対象となる車のことを指します。

記名被保険者

記名被保険者とは、自動車保険を契約した車(被保険自動車)を普段使う人のことをいいます。自動車保険の保険申込書の賠償被保険者欄に、記名被保険者を指定することになります。

対人賠償保険

対人賠償保険とは、歩行者や相手自動車に乗っていた人など他人にケガをさせたり、死亡させてしまい、法律上の損害賠償責任を負担された場合に補償されます。こちらの補償は、無制限で選ぶことをおすすめします。

自損事故保険

自分の運転ミスにより、電柱に衝突した場合や、崖から転落した場合等の自損事故により運転者・同乗者・お車の保有者が死傷し、自賠責保険等の補償が受けられない場合に補償します。

対物賠償保険

対物賠償保険とは、相手車両・自転車・建物・ガードレールなど他人のものを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負担された場合に補償されます。

搭乗者障害保険

搭乗者傷害保険とは、補償の対象の車に乗車中の方が、事故によりケガをされたり、死亡された場合に補償されます。

無保険者障害保険

無保険者傷害保険とは、事故を起こした際、相手の車が自動車保険に加入していない場合、または自動車保険に加入していても、その補償内容が不十分で自分が十分な補償を受けられない場合に、無保険者傷害保険により、補償を受けることができます。

ノンフリート契約・ノンフリート等級

保険をかける自動車(所有・使用車)の合計台数が9台以下の契約者が付保する契約をノンフリ ート契約という。

ノンフリート等級とは、保険料の割増・割引率を等級で表したもの。

等級は1から16に分かれており、通常 新規加入は6等級からスタートする。

1年間無事故の場合、1等級アップして、逆に事故を起した場合、1回の事故毎に等級がダウンする。保険会社によって は、等級を更に細分化して、 20等級に分けている会社もある。等級が大きくなるほど保険料は割安となる。

▲自動車保険ページのトップへ戻る

車を売却前、あげる前、廃車する前にもう一度確認!


全国600社無料一括比較のカービュー愛車無料査定ページへリンク
↑↑車を譲ったり、ポンコツになって廃車にする前に自分の車の値段を調べてみたら?以外と価値がある車かも!?何十社もの査定会社に無料一括見積もりをしてもらえます。

事故車の場合は↓こちらから

カービューの事故車や動かない車の買い取り査定ページへリンク
事故車も無料で査定してくれるますっ。運がよければ処分代が、タダになるかもっ!?

このサイトへのリンクはご自由にどうぞ
Mail to 管理人

名義変更

L [PR] @ďAEx ₦΍@킯菤i ^T[o[